Now Loading

新経営サービス経営支援部

無料相談
お問合せ
文字サイズ変更
HOME > サービス > 経営診断

Serviceサービス紹介

経営診断

過去・現在の分析に止まっていた従来型の経営診断ではなく、近未来の経営モデルを提言する経営診断

人間ドックに入って、病気の早期発見や体質改善を実施し、健康寿命を伸ばすように、経営診断は、企業にとっての人間ドックです。定期的な経営診断で、今後の環境変化を見越した上での、経営課題(病気)の早期発見ができれば、会社の寿命を伸ばすことができます。

1.「もう少し手を打つのが早ければ・・・」を防ぐ

私どもが経営相談を受ける際に、すでに事業が外部環境の変化に対応できず低迷し、資金繰りに窮している。あるいは債務超過に陥ってしまっている。また社員の離職が続く悪い職場風土となっているなど、経営課題(病気)が深刻なケースは少なくありません。
多くの場合、このような深刻な自覚症状が出てから、経営相談に来られるわけですが、定期的に専門家(中小企業診断士等の経営診断のプロ)による経営診断を受けていれば、効果的な処方を早めに打ち、事態の悪化を防ぐことができます。

2.「経営診断」の支援コンセプト

①近未来の経営モデルを提言する経営診断

従来型の経営診断は、主に財務諸表から経営指標を算出し、業種業態比較等の分析を行うことによって、問題点を指摘し、その改善案を提言するものが大半でした。
しかし、今日求められる経営診断とは、経営環境の構造的変革に対応し、3~5年の近未来の経営モデル(事業モデル、組織モデル)はどうあるべきかを提言し、その実現に向けての道筋を示す必要があります。
新経営サービスでは、中小企業診断士をはじめ、経営診断のプロフェッショナルが、未来を拓く経営高度化の提言を行います。

②「網羅的な」経営診断項目と、「従業員アンケートによるサーベイ調査」

診断の重点ならびに診断着眼事項としては、
  • 経営戦略
  • 販売・営業
  • 財務・会計
  • 人事・労務
  • 情報
  • 国際化・環境

といった項目をベースに、診断先企業の業種・業態に合わせてカスタマイズします。
(例:製造業であれば「製品開発」「生産・技術」「資材・購買・外注」、卸・小売り・サービス業であれば「店舗施設」「物流」などの診断項目)

3.「経営診断」の実施フロー

フェーズ1 各種経営資料のお預かり、会社視察、社員面談、経営陣との複数回の面談
フェーズ2 外部・内部環境等の現状分析
「経営戦略」「販売・営業」「財務・会計」「人事・労務」「情報」「国際化・環境」等
フェーズ3 改善プランの検討
フェーズ4 経営診断報告会(経営診断レポートの提出)
支援期間
診断業務および報告会まで3ヶ月~半年程度の期間を頂戴いたします。

「経営診断」についてのお問い合わせ・ご相談

当サービスについてのお問い合わせ・ご相談は下記フォームよりお願いいたします。

サービス名
内容について必須
貴社名必須
部署名必須
役職名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
確認必須 同意する 個人情報保護方針はこちら

※お客様の個人情報は、当社「個人情報保護方針」にもとづき、適切に管理します。
※本フォームでご入力いただいた情報は、当社の提供するサービス・セミナーなどをご案内する目的にのみ利用させていただいております(メールマガジンなど)。
※情報セキュリティ強化の関係上、フリーメールアドレスのご入力はなるべくご遠慮くださいますようお願いいたします。場合により、控えメールが到着しない可能性がございます。

無料相談・お問合せ