Now Loading

新経営サービス経営支援部

無料相談
お問合せ
文字サイズ変更
HOME > 財務 > KPIでできることと、押さえておくべきKPI設定・運用の要点

Columnお役立ち情報

財務KPIでできることと、押さえておくべきKPI設定・運用の要点

2021年10月26日

KPI(Key Performance Indicator)は、業績のカギを握る評価指標のことです。例えば、「客数」と「平均単価」は、売上目標のKPIとしてよく用いられています。

KPIでできること

KPIでできることは、以下の5点です。

  1. 目標を達成するための取るべき行動が明確になる
  2. 優先順位が明確になり、施策に対する集中度が増す
  3. 目標に対する進捗状況をモニタリングできる
  4. 早期に改善策を打つことができる。
  5. 目標設定前と同じ環境下、リソースの元で、適切なKPIが設定できれば必ず業績は良くなります。

つまり、以下のようなKPI設定・運用を意識できれば、適切なKPI管理ができていると言えます。以下の内容は、筆者が財務研修でKPIを取り扱う際に、受講者に対して、必ず伝えている内容です。

 

1.目標を達成するために何をすればよいかがわかる。

つまり、KPIがアクションに紐づいている状態のことです。例えば、「KPI客数」であれば、集客のための販促企画を行う。「KPI平均単価」であれば、単価アップのための施策を打つなどです。

2.優先順位を明確にする。

KPI設定の際に、陥りがちなのがKPIの乱立です。KPIの数が多ければ多いほど、アクションが増えます。このアクションは、KPI設定前にはなかったアクションなので、KPI設定後は、単純に仕事が増える状態となります。日常業務に支障が出ないように、またアクションが中途半端な状態にならないよう、KPIには優先順位をつけ、どのKPIから改善に取り組むかを明らかにしましょう。

3.目標に対する進捗状況をモニタリングする。

KPIを設定したら、毎月KPI結果を確認できるよう、会議資料などで管理していきましょう。KPI設定で、起こした新たなアクションの結果、良かったのか、悪かったのかを確認します。

4.モニタリング結果を見て、早期に改善策を打つ。

起こしたアクションで成果が出なかった場合、その要因を分析して、「続ける」、「改良する」、「中止し、別のアクションを起こす」など、目標達成に向けた適切なアクションを設定しましょう。

成果が出ている場合でも、成果要因から「そのまま継続する」、「改良する」、「別のアクションを試してみる」など、検討すべきです。例えば、「成果要因が特定できず、偶然が重なって」ということも考えられますので、その場合は、「しばらく継続して様子を見てみる」ということも選択肢となります。

5.KPIにフォーカスしすぎない。

KPIとそれに紐づくアクションに集中しすぎるあまり、普段できていることがおろそかになっては、他の指標が下がり、結果的には業績が落ちたというケースもありえます。「何のためのKPIか」、つまりゴールを常に意識することを忘れないようにしましょう。

 

次回は、KPIの設定方法について解説します。

~ご案内~

以下のような財務研修にご関心はありませんか。

  • 幹部・社員向け
  • 財務初心者でも理解できる
  • KPIの設定で、目標達成のために「何をすればよいか」が明確になる

私が講師を務めさせていただきます。
新経営サービス 経営支援部 コンサルタント 北島 大輔 金融機関出身

セミナー・研修実績
  • 経営判断を加速する『管理会計』 のススメ(大阪産業創造館主催)
  • 【経営ゼミ全5回】KPIマネジメント-経営を数値化して目標達成に導く-(大阪産業創造館主催)
  • 関連するお役立ち情報
    業績に応じた資金計画の立て方
    【経営支援お役立ち情報 財務 第2回】
    銀行との正しい付き合い方 ~信用とは返済能力の有無である~
    【経営支援お役立ち情報 財務 第3回】
    銀行との正しい付き合い方 ~信用に値する根拠の示し方~
    【経営支援お役立ち情報 財務 第1回】
    銀行との正しい付き合い方 ~信用とは何か?~

無料相談・お問合せ