Now Loading

新経営サービス経営支援部

無料相談
お問合せ
文字サイズ変更
HOME > 財務 > 【経営支援お役立ち情報 財務 第1回】
銀行との正しい付き合い方 ~信用とは何か?~

Columnお役立ち情報

財務【経営支援お役立ち情報 財務 第1回】
銀行との正しい付き合い方 ~信用とは何か?~

2019年12月17日

銀行との付き合いで「信用」が大事だとよく言われますが、そもそも銀行取引上の信用とは何でしょうか。
本コラムでは、銀行取引上の信用についてのよくある誤解と、正しい捉え方について解説していきます。

信用って何?

では、そもそも銀行取引上の信用とは何でしょうか?

  • 財務内容?
  • 付き合い上、仕方なく取引すること?
  • 返済状況?

等々、様々な答えが想像できますが、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。

とある経営者がこんなことをおっしゃっていました
「信用が大事だから、必要ないけどとりあえず借りた」

取引のある銀行に決算書を提出した後、必ずと言っていいほど銀行の担当者から営業を掛けられます。銀行からすると、営業を掛けやすいタイミングでもあります。

“「じゃあお願いしようか・・・」とついつい、今必要なタイミングではないにも関わらず、信用の為にとりあえず借りる。”
このような経験をされた経営者は少なくないはずです。

この行動は、銀行から信用を得る上で、プラスに働くでしょうか。マイナスに働くでしょうか・・・答えは両方です。プラスの要素もありますが、場合によってはマイナスの要素もあります。

信用にプラスの要素

  • 銀行との取引を深める
  • 銀行担当者との信頼関係を深める
  • 返済実績を作る

と、銀行との関係性においてはプラスです。

信用にマイナスの要素

  • 銀行から計画性がないと判断される可能性がある
  • 返済負担が増え、キャッシュフローが悪化し、場合によっては返済資金を確保するために、後日借入を起こす必要性が出てくる
  • バランスシートの内容が悪くなる

等、「財務状況」や、銀行から見た「経営者の経営能力」においてマイナスと見做される可能性があります。

この事例のように、実は銀行取引における信用とは様々な要素が絡み合っています。
以下のグラフをご覧ください。これは、金融機関が取引先のどこを注目して見ているかを表したものです。

金融機関が評価している項目
引用元:中小企業庁委託「中小企業の資金調達に関する調査」(2015 年 12 月、みずほ総合研究所(株))

このグラフから読み取れることは、以下の項目が「金融機関が注目しているポイント」であり、「信用を得るポイント」であるということです。

  • 会社や経営者の資産余力
  • 代表者の経営能力や人間性
  • 返済実績や取引振り
  • 財務内容
  • 事業の安定性、成⾧性

次回は、これらの注目ポイントについて、詳しく解説していきます。

  • 関連するお役立ち情報
    【経営支援お役立ち情報 財務 第3回】
    銀行との正しい付き合い方 ~信用に値する根拠の示し方~
    【経営支援お役立ち情報 財務 第2回】
    銀行との正しい付き合い方 ~信用とは返済能力の有無である~

無料相談・お問合せ