Now Loading

新経営サービス経営支援部

無料相談
お問合せ
文字サイズ変更
HOME > DX > なぜ、この時期に1on1を選ぶ企業が増えたのか?

Columnお役立ち情報

DXなぜ、この時期に1on1を選ぶ企業が増えたのか?

2020年11月21日

「○○課長、ちょっと困っていることがあって、相談に乗ってもらえませんか?」

コロナ前までは気軽に相談できていたが、必要最低限のコミュニケーションで済ませるようになった、リモートワークの導入でコミュニケーションがとりづらくなった。このように、コロナ前と比べ、コミュニケーションの質・量ともに低下したと感じる職場は少なくありません。

また、

  • なんとなく社内に暗い雰囲気が漂っている
  • 先行き不透明感から社内に元気がなくなった
  • 社員から主体性や、やる気を感じることが少なくなった

などのような悩みを抱える企業様が増えたように感じます。

コミュニケーションの質と量が低下するとどうなるか?

コミュニケーションの質・量が低下すると、

  • 上司は部下の仕事の状況が見えづらくなる
  • 上司は部下の仕事の状況を気にするあまり、少ないコミュニケーション機会で、業務進捗に関する会話ばかりになる
  • 部下は会社に対する帰属意識が低下
  • リアルでは築けていた上司・部下間の信頼関係が、徐々に崩れ始める
  • さらなるコミュニケーションの質・量の低下を引き起こす悪循環に陥る

事実、上記の問題から、リモートワークを導入したものの、元に戻した企業は多いです。

コミュニケーションを取る仕組みを作ればよい

そこで今、注目されている仕組みが1on1です。1on1は上司と部下が1対1で定期的に行う対話のことです。
今コミュニケーションを補完する目的で1on1の導入を決めた経営者が増えています。

ただコミュニケーションの補完目的だけで1on1を導入するのは、正直もったいないです。
正しい1on1の方法が導入できれば、以下のような素晴らしい効果が期待できます。

1on1の導入で期待できる効果

  • 部下の動機づけ
  • 部下のパフォーマンス向上
  • 部下の主体性向上
  • 部下の育成
  • 施策のスピードアップ
  • 離職防止
  • 言葉の認識のずれの修正

など、様々な効果が期待できます。

  • 関連するお役立ち情報
    オンライン商談時代における若手営業マンの育成ポイント
    オンライン面接成功のポイント
    ビジネスTwitterは企業名で運用すべきか?個人名で運用すべきか?
    コロナ禍の売上確保のヒントは「販路」にあり
    コロナ対応で営業力アップ!「オンライン商談力」の高め方

無料相談・お問合せ