Now Loading

新経営サービス経営支援部

無料相談
お問合せ
文字サイズ変更
HOME > マーケティング > 【広報・販促担当者向け】いまさら聞けない、広告と広報・PRの違い

Columnお役立ち情報

マーケティング【広報・販促担当者向け】いまさら聞けない、広告と広報・PRの違い

2019年10月15日

みなさんは、「広告」と「広報・PR」の違いを説明できますか?

「広告」と「広報・PR」を同意のものとして話されている方や、混同してしまっている方をたま~に見掛けます。
そこで、今回は「広告と広報・PRの違い」について、どういった違いがあるのかを出来るだけ分かりやすくお届けしたいと思います。

昔から「広告は Buy me」、「広報は Love me」だと言われています。
商品やサービスの購入を“直接的”に訴える広告に対し、理解を求めるコミュニケーション活動が広報であるということを、端的に表現した分かりやすいフレーズだと思います。

もう少し詳しく説明すると、

広告は
企業が有料で広告スペースを購入し、商品・サービスの販売促進を図るために行う、
“説得的”なコミュニケーション活動

であるのに対し、

広報・PRは
企業や組織の存在意義や経営目的、そのための活動を人々に知ってもらい、
“理解してもらう”ためのコミュニケーション活動

を指します。

つまり、広報・PRは、商品やサービスを購入してもらう以前に、消費者の好意的な態度や企業への信頼感を形成することを目指しており、「人々との関係づくり」に主眼を置いた活動だと言えます。

広告と広報・PRの違いについて図示してみると、以下のような形になります。

【広告と広報・PRの相違点】
  広告 広報・PR
目的 商品・サービスの販促 理解と信頼関係の構築
メディア側の担当部門 広告局、営業局 報道局、編集局、制作局
掲載可否の決定権 広告主 メディア側
掲載スペース 広告面、CM枠 記事、番組内
掲載時期 広告主が指定 メディア側が決定
掲載内容 広告主が決定 メディア側が決定
情報特性 主観的 客観的
情報の信頼性 あまり高くない 高い
掲載費用 有料 無料

広告は、広告主が広告費を支払うことで広告枠を購入し、広告主の望む情報を、広告主の望むタイミングで掲載(出稿)することが出来るのに対し、広報・PRは、メディア側が報道に値する、社会的意義のある情報か、ニュース性や話題性がある情報かを判断し、メディア側の視点で掲載、報道の可否を決定します。

よって、そもそもメディアに取り上げてもらえるのかも分かりませんし、
取り上げてもらえることになったとしても、
 ・いつ
 ・どこで
 ・どの程度
 ・どのような内容で
取り上げられるかを、企業側でコントロールすることはできません。
(ここが広報・PRの難しいところ・・)

しかし、広告主の主観的な情報である広告とは異なり、報道機関という中立的な立場から、番組や記事といった形式にして客観的に報じてもらえることで、その情報の信頼性や価値がぐっと高まります。

①ニュース: このリンゴは、とっても美味しいです
②広 告 : このリンゴは、とっても美味しいです

あなたなら、①と②どちらの言葉に心を動かされますか?

おさらい

  • 「広告は Buy me」、「広報は Love me」
  • 広告は、企業が有料で広告スペースを購入し、商品・サービスの販売促進を図るために行う説得的なコミュニケーション活動
  • 広報・PRは、企業や組織の存在意義や経営目的、そのための活動を人々に知ってもらい、“理解してもらう”ためのコミュニケーション活動
  • 広告と異なり、広報・PRはメディアへの掲載について企業側はコントロールできない

次回は、あの新年の風物詩について、お届けしたいと思います。

  • 関連するお役立ち情報
    【販促担当者向け】効果的なチラシの作り方<企画編>「チラシづくりに最も重要な5つのポイント」
    【販促担当者向け】効果的なチラシの作り方<ラフ制作編>「優先順位をつけて手書きラフを作る 」
    【販促担当者向け】御社の情報、本当にターゲットに届いてますか?
    ~生活者のメディア接触の実態②~
    【広報・販促担当者向け】史上最高値更新! 1本3億円でもマグロを競り落とす本当の理由
    【販促担当者向け】効果的なチラシの作り方<デザイン編>「きれいに見せる3つのポイント 」

無料相談・お問合せ