Now Loading

新経営サービス経営支援部

無料相談
お問合せ
文字サイズ変更
HOME > 採用力強化 > オンラインでも学生を動機づけするためのポイントとは? (インターンシップ・採用説明会編)

Columnお役立ち情報

採用力強化オンラインでも学生を動機づけするためのポイントとは? (インターンシップ・採用説明会編)

2021年06月23日

採用のオンライン化が加速。一方で新たな課題を感じる企業が急増

新型コロナウイルスの影響により、採用活動の在り方は大きく変化しました。
その最たる例が、「採用活動のオンライン化」です。

下の図表1を見ると、WEBセミナーを「実施している」または「実施を検討している」企業は93.1%と、ほぼ全ての企業がオンライン化にシフトしている、またはしようとしていることが分かります。

また、WEB面接に関しても同様の傾向がみられ、採用のオンライン化が急速に普及していることが分かります。


※出典:株式会社ディスコ「新卒採用に関する企業調査(2020 年 10 月調査)」

一方で、 採用のオンライン化によって、オンライン上で
①欲しい人材を動機づける
②欲しい人材か否かを見極める
ことに「新たな課題」を感じる企業が増加しています。

特に、大手企業と比較してマンパワーやコストに制約がある中小企業にとって、①は大きな問題となっています。


※出典:株式会社ディスコ「新卒採用に関する企業調査(2020 年 10 月調査)

 

オンラインでも学生を動機づけするためのポイントとは?

オンラインでも学生を動機づけするためのポイントについて、「運営編」と「プログラム編」の2つに分けて解説します。

①運営編

オンラインでの採用活動では、通信環境等によってイレギュラーな対応を強いられるケースが多く発生します。
いくら良いプログラムであっても、運営面で支障があれば、学生の満足度を高めることはできません。
そこで、オンラインで採用活動を行う場合は、入念な事前準備を行うことが肝要です。

具体的には、以下の事前準備を行うことが必要になるでしょう。

参加ルールを設ける

  • 入室時間や服装、画面・音声のオン/オフ、参加場所等を予め指定する
  • 参加者マニュアルを整備し、学生が安心して参加できるようにフォローする
  • また、社内用のトラブル対応マニュアルも作成し、トラブルに対して迅速に対応できる体制を整備する

当日のタイムスケジュールや役割分担を決定する

  • 学生の案内~終了までの流れを洗い出し、トラブル防止を図る
  • 複数の社員が参加する場合やグループワーク等を行う場合は、誰が・どのような流れで行うのかを、事前に擦り合わせておく
  • 特に、採用説明会の場合は、どのような手段で次の面接日程の調整を行うのかを決めておき、学生に周知する
    (アンケート機能等を用いて、説明会後に日程調整等を行うとスムーズ)

 

②プログラム編

オンラインでのプログラム設計では、「いかに社風や社員の人柄を伝えるか?」が重要な論点となります。
そこで、以下のポイントを抑えてプログラムを設計することが肝要です。

少数且つ長めの社員座談会を設ける

  • ブレークアウト機能等を用いて、少人数での座談会を行う
  • また、長めの時間設定を行い、社員側から積極的にコミュニケーションを図る
  • オンラインでは、緊張している学生や、何を質問したら良いのか分からない学生も多いため、「よくある質問」をまとめておき、それをもとに座談会を行う

インタビュー形式で自社の紹介を行う

  • 採用担当者が1人で自社の紹介を行うのではなく、質問者と回答者に分かれて、インタビュー形式で自社の魅力や強みを訴求する

採用のオンライン化が主流になりつつある半面、「学生の動機づけ」に苦労する中小企業が増えています。
上記の内容をご参考頂き、再度プログラムの見直しを行ってはいかがでしょうか?

 

  • 関連するお役立ち情報
    コロナが変えた、新卒採用の『常識』

無料相談・お問合せ